習慣メール

メールの関係を良好にするにはメールを送る時間帯もかなり重要な要素になります。このタイミングが良ければ好印象になりますいし、悪ければ悪印象になります。相手の生活の時間帯を考えてベストなタイミングでメールが送れるようにしましょう。
まず普通の社会人ならば、仕事終わりです。終わって携帯をチェックする時間帯にメールすれば好印象を持ってくれるでしょう。まず第一声でお疲れ様と労いの言葉を入れてあげれば印象は更にアップするでしょう。メール関係が続いているのならば、毎回都合のいい時間帯にメールを送るようにしましょう。そうすれば、相手は時間を見計らってくれる気遣いに気付いてくれるはずです。更に同じ時間帯に送れば、相手もメールを待ち遠しく感じてくれるでしょう。メールが返信しやすい時間を考えて送りましょう。
逆にタイミングが悪いとメールの内容がいくら良くても、マイナス印象になってしまいます。寝ている時にメールや電話で起こされて、腹が立った経験ってありませんか?その時の感情は誰でも共通です。寝ている時間帯に送るのは非常識です。真夜中に送るのは絶対に止めましょう。
相手がメールを返してくれる時間帯ならば、いつでも構いません。お昼頃、夜など生活スタイルによってそれは異なるでしょう。毎日その時間帯にメールして習慣づける事が大切です。習慣づける事が出来たのならば、その時間にメールする事が生活の一部になります。そうなれば、かなりメール関係としては良好な関係になりますので、出会いにも繋がりやすくなるでしょう。
メールを習慣づけたのならば、駆け引きにも有効になります。いつも送る時間帯にあえてメールを出さないと相手は不安になって、メールしてくれるでしょう。不安な気持ちになってはじめて気付く気持ちもあるので、上手く揺さぶって自分へ好意を向けさせましょう。
生活は女性によって異なります。夜に働いている方もいれば、フリーターでバラバラの方もいます。出来るのならば、数通のメールの内に相手の都合のいい時間を聞き出して、ベストなタイミングを探しておきましょう。ベストなタイミングを聞いておかないと、メールを最悪のタイミングで送ってしまうかもしれません。